笑顔の寝転ぶ女性

良き文化を守るために

目線を外して撮る

最近の若い男性は、女性に対して積極的ではないと言われています。草食化していると揶揄されるほどなんです。ですから、今の若い男性の多くは、キャバクラや風俗に通うことがあまりないようです。昔の男性であれば、若いうちにキャバクラや風俗でいろんな経験をしていたものです。ですが、今の若い男性は決してそうではないんです。時代の流れと言えばそれまでですが、簡単に片づけることができない理由があります。それは、ピンクコンパニオンが危機に陥っているからです。
ピンクコンパニオンといえば、宴会をエッチなサービスで盛り上げてくれる女性たちです。年配の男性であれば、その楽しさを十分に理解しているでしょう。ですが、今の若い男性の多くはピンクコンパニオンを利用したことがありません。それどころか、ピンクコンパニオンの存在すら知らないんです。
もしこの状況が続くようであれば、さらに若い世代もピンクコンパニオンの存在を知ることがなくなるでしょう。そして最終的には誰も知らない状態になります。そうなれば、ピンクコンパニオン自体が消滅してしまうんです。
ピンクコンパニオンは、日本の文化にとっても非常に貴重なものです。昔から男性が引き継いできたものなんです。それを消滅させるようなことがあってはなりません。
そこで年配の男性はピンクコンパニオンを積極的に若い世代に伝えていく努力が必要となるでしょう。そうしなければ、本当に消滅することになります。積極的に若い男性を誘って遊びましょう。